グルに計算していたほうが賢明である。失恋自殺など、視野が狭過ぎる。太陽が明日もまた昇るように、恋はつねにあたらしくよみがえるのである。愛だけでは越えられないもの知っておくべき現実若い男女が恋愛状態になる。当然、ふたりはアプリ 出会い で結婚を考えはじめる。ところが、女の両親が反対する。反対する理由はさまざまである。女はそこで両親に反逆する。あくまでも反対しつづける親から離れて、恋人と同棲し、結婚する。よくあるケスだ。ぼくくらいの年になると、何十件となくこういうケlスを見聞きしてきた。なぜ、女の親は反対するのか?まず重要なのはそのことである。「家柄がちがう。身分がちがう」場合がある。戦前は、これが圧倒的に多かったようだ。貧しい家の娘が富裕な家の息子と恋愛したときに、男の親が反対する前に、娘の親がそう言って反対した。「釣り合わぬは不縁の因」ということばがある。玉の輿に乗って果報なことだと考える親もいたが、その逆もいたのである。もちろん、富裕な親や由緒ある家の親が名もなく貧しい家の息子と恋愛したときの反対多くのおとなたちは恋が錯覚であることを知っているのほうが多かった。戦後はこの理由による反対はかなり減ったが、それでも現在なおあちこちで見られる現象である。結婚は、当事者である両性がするのであって、家と家とがするのではない。したがって基本的には、親の身分や経済力など、まったく関係ない。したがってこういう理由などによる親の反対は、心情としてはわかるにしても、正しいととではない。ところで、親の反対を押し切って愛する男と結婚することは、むしろその勇気と純粋さを褒めてしかるべきである。これをテマにした小説や映画は多い。すべて、若者の愛を謡歌している。外的条件によって反対する親は古くて無理解な人間として描かれる。そこまではよい。映画も小説も、若い男女のあたらしいスタートを以って完了する。ひとつのドラマのおわりである。しかし、人生そのものはそれで終了するのではない。そこから出発するのである。結婚したふたりは、愛によって強く結ぼれているかのように見える。あるいは、じっさいにそうかも知れない。そうであっても、現実はきびしい。愛は情念であり、生活の手段にはならない。愛でメシを食うことはできない。恋愛はハシカであるまた、人の心は不変ではない。ふたりは、愛し合う以前には愛し合っていなかったのである。すべて物事、はじまりがあれば終わりがある。

周囲の反対を押し切って結婚した男女が、あたらしい出発をしてから三年経ち、五年経つ。その問、現実生活のなかで、ふたりは生きて行く。ある。「そんな人たちもいるだろう。でも、あたしたちはちがう」スタートに当たって、すべてのふたりはそう考えている。その心情は真実であろう。たそれほど強く結ぼれていたふたりなのに、意外に不幸な結末を迎えるケlスが多いのでだ、将来はだれも保・証できない。そこで、「たとえ失敗することになっても、自分は今の自分の真実に忠実に生きたい」と言う。基本的には、それでよろしい。親が胸の内ではわが子のその心情に同情しながらも反対するのは、おとなの体験によって愛の持続性について懐疑的になっているからである。現実のきびしさを知っているからである。「恋愛はハシカみたいなものだ」ということばがある。一過性のものだ、という意味であ。ス人は恋に陥ると、その恋を、「絶対」と思い込んでしまう。ところが、多くの恋を体験して見聞しているおとなたちは、それがそうではないことを知っている。ある女が、ある男と熱烈な恋をした。やがて、相手の男が交通事故で死んだ。当然、女は悲嘆に打ちひしがれる。後追い心中をしようとしたり修道院に入ろうとしたりする。二年後、その女はあたらしい恋を得る。死んだ恋人のことを忘れたわけではないが、それはそれとしてあたらしい恋人に夢中になって行く。相手の男は、何も死ななくてもいい。大恋愛の末に周囲の反対を押し切って結婚した。男は仕事の関係で、一年のうち半分は別れて住むようになる。女にあたらしい恋の対象があらわれ、女はそのあたらしい男の許に走る。離れて住む場合があるときだけにかぎらない。ずっといっしょに暮らしていても、女は〈男も〉あたらしい恋をするのである。恋をしなくても浮気をする場合がある。浮気をしなくても、夫への愛がしだいにうすらぎ、そのうちにいっしょに暮らすのがいやでいやでたまらなくなる場合がある。愛の幻影が覚めるとき学生時代のことである。夏休み、ぼくは帰省の列車内にいた。ぼくの前に、五十前後の男が座っていた。弁当をひろげ、ひとりでちびりちびりとウィ,スキーを呑んでいた。やがて、彼はぼくにウイスキーを勧めた。ぼくは再三遠慮したが、やがて、ハあ、この人、話相手が欲しいんだな〉と思い当たったので、その好意を受けることにした。ぼくとその男は話をはじめた。そのうちにその男は、「キミ、恋愛をどう考えるかね?」と質問してきた。

答えないでいると、「あれはね、錯覚なんだよ。また、どこにでもころがっているものなんだ」「・・・・・・・・・」「ぼくはね、これから娘を連れもどしに行くところなんだ。ぼくの反対を押し切って結婚した娘をね」「どうしてですか?」「すでに娘はその男への熱を醒ましている。相手もそうなんだ。相手は女を作ってその女の家に入り漫たりになっている。娘は娘で、勝手に遊びまわっている。娘が、ぼくにではなく、女学校時代の友だちに手紙をよこした。その友だちがぼくにその手紙を持ってきた。一日でも早く別れたい、とある。ダセイで、別れられなくて、ずるずるべったりといっしょにいる、と書いであった」..「ぼくが行くと、意地を張って、別れないと主張するだろう。強引に連れて帰るつもりだ「・・・・・・・・・」「若いころは、恋愛を絶対のものだと考えたがる。現実はそうじゃない。恋愛をしても・:・:、結婚して二年も経てば消滅し、あとは共どんな障害を乗り越えても添い遂げる価値のある相手か、見極めよ同生活が残るだけなんだ。たいせつなのは、その相手が共同生活者として良いか悪いかなんだ。それが、若い子にはわからん。人を見る目がないし、何しろ幻影を追っているから多少あたまが良くても目が見えなくなってしまっている」「最初、どうして結婚に反対したんですか?」「小才の利いたうすっぺらな男だった。目付きもへらへら笑いも気に入らなかった。つまり、ムシの好かん男だった。ぼくの反対はきわめて主観的で、説得力がなかった。ぼく自身、ぼくのわがままも入っているとひそかに考えていたくらいだからな」「こどもは生まれていないんですか?」「さいわい、こどもはいない。娘は再出発したがっている。それをぼくに言えんだけだ。強引に連れて帰る」最後に彼は、「キミ、男と女はな、結婚してから芽生える愛がホンモノなんだよ。若いキミには保守的過ぎるように聞こえるだろうが、これがほんとうのことなんだ」と述べ、「恋愛なんでものは、別れてしまえば他人なんだ。その点、親はいつでも親だよ」そう言った。ここでぼくは、恋愛の価値を否定しようとしているのではない。人生から恋愛を除くと、乾いた砂漠が残るだけである。人を恋したことのない人聞を、ぼくはあまり信頼しない。ただし、恋愛に過大な価値を与えるのは危険だということを言いたいのである。若いときは、「恋しい」という感情がすべてをおおって、相手の性格や欠点や自分との相性なのです。

ふたりが結婚した場合に生じる障害などがわからないものである。わかっても、それがたいしたことではないように思えるものだ。熱が醒めるにつれて、かくれていたマイナスの条件が、しだいに大きくクローズ・アップされる。そのときはもうあともどり出来ない地点にいる。人はその人生でさまざまな後悔を味わうが、女の場合もっとも大きな後悔とは自分の過去の恋愛であることが多い。恋には現実という名の敵がいる年齢差を甘くみてはいけない今回は、恋愛におけるいくつかの障害について語ろう。まず、男女の聞に年齢差がある場合。これはしばしば生じる。ぼくのところにも、はるか年上の男を好きになってしまった十五歳から二十歳までの彼女たもの身の上相談の手紙は、じつに多く集まる。十七歳の少女が二十七歳の男を好きになる、一応、年齢差は大きい。しかし、十歳以上の男と結婚してしあわせな女の例は世間にはざらにある。だから、これは大きな障害ではない、と彼女は考える。また、その通りである。ただし、これは、二十五歳の女が三十五歳の男と恋愛して結婚するのとは、いささか条件がちがう場合が多い、ということをつけ加えねばならない。どんな条件がちがうか。二十五歳にもなれば、すでに多くの男性に接し、その年なりに人を見る目が出来ている。社会的な訓練も出来ている。自活できる能力もある。考え方も、かなり現実的になって来ている。十七歳の場合は、そうではない。彼が他の男にくらべてどれほど自分にふさわしいか、りつばか、それがまだわからないことが多いのである。したがってぼくは、二十歳前の彼女たちに対しては、「あなたの恋愛感情がまちがっているとか不幸をもたらすとか、そんなことは言わない。しかし、あと何年か、友人としてっきあいなきい」そう忠告することにしている。多くの場合、はるか年上の男への思慕の情は、片思いのうちに過ぎ、やがてあたらしい恋の対象があらわれる。その男に身を投げても、男は苦笑してその愛を受けない。「可愛い子だ」たとえそう思っても、いやそう思えばなおさら、恋愛状態に入るのを避ける。しかしときとして、男も彼女に「惚れて」しまうことがある。このときが危ない。やがて年齢差が壁になってその恋が破綻するとき、損をするのは年下の女のほうである。男はあまり傷つかない。もっとひどいのは、女の子の思慕の情を利用して、「よし、楽しんでやれ」という不還な気になる男がいるということである。

そう性格の悪くない男でも、意志が弱かったり人一倍好色だったり、そのとき欲望処理の相手がいなかったりしたとき、その男にとって彼女は都合のよいエジキになる。そのとき、男は彼女にやさしく、夢中になっている彼女はそれを愛情のあらわれだと錯覚する。はるか年上の男と結ぼれるのは、多くはこのケlスである。恋してしまっているときは、相手や相手と自分との関係を客観的に判断する能力を失っている。その点をよく自覚すべきであろう。人生は、自分が思い込んでいるような状況につねにあるとはかぎらないものだ。嚢ある男の現実つぎに、委ある男との恋愛について。このケスは、最近ますます増えつつあるようだ。どうして既婚者を愛してしまうのか。おそらく彼女は、相手と相手の斐との生活を想像することができないのであろう。妥ある男に片思いしていた女が、ある日その男と妻とがむつまじくデパートで買物をしている光景を見た。夫婦だから、当然である。男は彼女に「棄との仲はよくない」とは言っていない。当然、想像されてよい光景である。断つように努めるようになった。にもかかわらず、その彼女は大きなショックを受け、失恋を意識し、その男への恋心をこれはおかしな話だ。妻がいるということを観念的に受けとめていただけで、それが何を意味するかを理解していなかったからである。その彼女の場合は、片思いだったから、まだよい。妻ある男が彼女のプロポーズに応じ、あるいは男のほうからプロポーズして、深い仲になった場合。その彼女が、男とその妻とがむつまじそうに歩く姿を見てカッとなって、その夫婦と夫ひ婦の聞にいた男の子を車で蝶いた、という事件があった。これなど、男と深い仲になる前からわかっていたことなのだ。彼女が目撃しなくても、男はそういう生活を営んでいるのである。「結婚している男」を、若過ぎる女はとくに、抽象的に考えてしまう。「結婚」という抽象だから、具体的には何も想像しない。ところが結婚生活とは、抽象的な結びつきではない。ともに食事をし、いろんな行事に揃って出、たがいに世話をし合いいたわり合い、経済生活をひとつにし、セック只をし、哀歓をともにしている生活なのだ。なかには、くだらん男がいて、「妻はいるが、不仲だ」とか、「おれの妻は冷たい」「おれも好きではない。機会をみつけて離婚したい」などと言っているが、そんなことばを信じるのは、おろかである。また、人によっては、「遊びでつきあっているんだから、奥さんがいようとこどもがいようと、ちっともかまわない」とうそぶく女傑もいる。

それはそれでけつこうだが、案外そんな女にかぎって相手に夢中になり、深く愛するようになり、やがて泥沼のなかであがくことになるものだ。手鍋提げても・・・の嘘第三に、おたがいの社会的経済的な状況があまりにもへだたっている場合。若い男女にとっては、多くの場合それは、おたがいの家の貧富の差として問題が提起される。いわゆる良家の娘が、貧しい家の勤労者と恋をする。当然、娘の親や知人は猛反対する。周囲の反対が強ければ強いほど、当時者同士の恋は熱くなる。このとき、「恋に身分の上下はない。みずからの真実に生きることこそ人の道だ」そう説くのは容易である。そして、タテマエとしてはたしかにそうだ。ある評論家が、いつもそういうことを言っていた。若い女たちに人気があった。その男の娘が、資産もなく年収も少ない青年と恋に陥った。青年は、健康なからだとりっぱな精神を持った男であった。性格的にもまったく申し分陶民、。品向しかし、評論家は娘の結婚に大反対した。いろいろと理屈をつけたが、本心は、わかっている。青年が貧しいのが気に入らなかったのである。彼は、自分の娘を自分の家にふさわしい家の息子に嫁がせたかったのだ。政治家にかぎらず、おとなたちはつねにきれいごとを並べたてる。本心はけっして人には言わない。世渡りの上手なおとなたちのその美辞麗句にだまされてはならない。かしこく生きるためには、世間的に成功した人間の本心を知る能力を養うべきである。それはさておき、どんな熱い恋心もやがては醒めるときが来ることを考えれば、ぼくは無条件に「手鍋提げても」好いた相手と添い遂げたほうがしあわせだ、とは言えない。世のなかはきびしく、人の心は移ろいやすいものなのだ。人はパγのみにて生きるものではない。しかし、パγがなくては生きて行けない。ある貧しい少女が、かつてぼくに言ったことがある。二十数年前である。\/・・しかしパンがなくては生きてはいけない「お金でしあわせは買えないけれども、お金がなくてはしあわせになれないわ」その彼女は、勤めていた会社の女社長の後継者となって、事業を大いに発展させて裕福になっていると聞く。彼女は今、金と幸福についてどんな考えを持っているであろうか。おそらく彼女は今は、「お金がなくてはしあわせになれないけど、お金でしあわせは買えないわ」と言うことであろう。同じことばも、順序を変えて言うと、響きがちがって来る。